Polish

Polish

日々の仕事や家事・育児に追われているうちに、体や心の不調をごまかしながら生活してはいませんか?

体からのサインに気づかないようにしているうちに、体の使い方を忘れて鈍感になってはいませんか?

自分と向き合い、自分を大切にすることは、周りへ優しさを向ける第一歩だと思います。

 

自分の体に意識を向け、正しい使い方を自分自身で感じていくことで、心身の小さな不調に気づくことができ、自分で自分をメンテナンスする術を身に着けていくことができます。

ヨガは、自分と見つめあい、時には自信を生み出し、時には心を落ち着かせる力を持っています。ただただすごいポーズをとることがヨガではありません。

マットの上で、隠れた自分に出会ってみてください。

 

Instructor

 

Azusa

 

みずがめ座。岐阜県出身。

理学療法士として病院や施設・在宅の場で勤務後、ヨガインストラクターとして大手ヨガスタジオや、デイサービス等で経験を積み、現在に至る。

今まで理学療法士として、高齢者や若者まで多くの方にリハビリを提供してきました。

その中で、体の使い方を知り、自分の体を丁寧に、大切に扱えるようになってほしいと常に感じていました。

体調管理の一環として始めたヨガでしたが、続けていくうちに、体以上に心が変化していくことに気づきました。

言葉にできないこの感覚が何か知りたくなり、全米ヨガアライアンス(RYT200)の資格を取得しました。

更にヨガを深めていくうちに、リハビリとの深い関連性にも気づき、ヨガは難しいと思っている高齢者の方にもこの素晴らしさを感じてほしいと思い、シニアヨガインストラクターの資格も取得し、より多くの方にヨガを知ってほしいと考えながら活動を続けています。

所有資格

  • 理学療法士
  • 全米ヨガアライアンス200
  • シニアヨガインストラクター
  • ヨガセラピー指導者養成講座 修了